榎本レディースクリニックは生駒市の婦人科です。

クリニック紹介

ごあいさつ

更年期症状や婦人科系の病気は、誰にも言えずにがまんしている方も多いと思います。
一人で悩まずにまずはお気軽にお越しください。

特に女性は「7の倍数」の年齢で、体に様々な変化が起きやすいと言われています。
放置すると、症状がさらに悪化することもありますので、体調の変化に気づいたらすぐに診察に来られることをおすすめいたします。

榎本レディースクリニック
院長 榎本 匡浩

経歴

昭和63年03月
奈良県立医科大学医学部卒業
昭和63年04月
奈良医大産婦人科学教室入局
平成01年04月
大阪府立羽曳野病院産婦人科医員
平成02年08月
奈良医大産婦人科医員
平成05年07月
奈良医大産婦人科助手
平成08年10月
大阪府立羽曳野病院産婦人科医長
平成11年05月
済生会中和病院産婦人科医長
平成20年04月
奈良県立三室病院産婦人科医長

認定・資格

  • 日本産科婦人科学会認定専門医
  • 母体保護法指定医

診療方針

私は長年、産婦人科で、女性の様々な体のトラブルや悩みに向き合ってきました。
女性の悩みに寄り添う日々の中で、どうすれば楽にしてあげられるのか?
どうすれば女性のQOL(クオリティ・オブ・ライフ:人生の質)が向上するのか?を常に考えてきました。

女性たちがよりよいQOLを実現するには、身体の不調や心の悩みを解決することが重要です。
現代医学ではなかなか改善しない症状に漢方薬プラセンタ注射でアプローチすると、著効を見ることが非常に多くあります。
この場においての著効とは、女性の悩みを解決し、肉体的、精神的に楽になって、明るく生き生きとした社会生活を送ることが可能になるということです。

まず全身を見て、崩れたバランスを見つけ出し、そのバランスを元の正常な状態に戻すことで病気を治します。人が誰でも持つ自然治癒力をよりよく発揮させて、最終的に病気を治すことを目指します。
そうすることで、健やかなバランスを取り戻し、真に豊かで幸せな生活を送って理想的なQOLを手に入れてもらいたい。それが私の診療方針です。

なお、西洋医療で即効性があると判断した病気・症状の場合は、すみやかにそれを用いて治します。

診療方針

診療情報

受付時間
9:00~12:00
16:30~19:30 / /

診療科目

婦人科

院内紹介

受付受付
待合室待合室
診察室診察室
検査室検査室
トップへ戻る